MUNIマウンテンユニサイクル山一輪車で山遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS タイヤ到着と究極練習

<<   作成日時 : 2015/05/09 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

今朝タイヤが届きました。

画像


2本で送料無料。イギリスから。

画像



今度はネベガル2.5インチです。

画像



なにしろ2.7インチのダウンヒルタイヤは手に入らなくなってしまったようなので2.5で慣れるしかない。

ハイローラーは4ヶ月で5分山

画像


画像


画像



ネベガルはこんな。

画像



MTBで使ってた2.1インチのと比べるとノブが全然高い。

画像



が、
持った感じが重い。
なぜかハイローラー1キロなのに、ネベガル1.3キロ。


ワイヤービードやめときゃよかったかなぁ・・・
でも剛性が違うというし・・・

とか思いつつ、ハイローラーはまだ使えるけど試してみたいから早速付け替えて山へ。


の前に、家から駐車場の間にある階段で失敗。
クッション性が低い。
硬いです。
空気圧は1.5キロ
もっと下げたほうがいいのかなぁ?
でもパンクするし・・・

で、コギは重い。
ネベガルはstick-Eでグリップする分重いんだよなぁ


それと、ハイローラーと比較するとグリップの感じが違う。
ハイローラーは角が立っている感じで、面で接している感じ。
路面が左右に傾いてるとそちらに傾く。
その分エッジが効いていて、角だけで走るようなこともできる。
対してネベガルは、同じく面で接するものの、あくまで曲面が潰れている感じで、路面に持っていかれる感じは無くて自然なフィーリング。
ただし、エッジの効きはハイローラーに劣る。


グリップについては、
ハイローラーが5分山ということを差し引いても、断然ネベガルでしょう。
そもそもノブの高さが全然違うのと、stick-Eはやはり地面にひっつくようなネットリ感があります。
ハイローラーは滑り出しが急なんですが、ネベガルは粘って粘って滑り始めも緩やか。コントロールがしやすいです。


段差降りは、
階段で失敗したのと同じで、エアボリュームが少ないので硬い感じがあります。
が、これは慣れで対応できる範囲と見ました。


トータルでは、ネベガルいいんでないでしょうか。コントロール性が高い。
コギの軽さと衝撃吸収はハイローラー、下りの転がしならネベガルといったとこですかね。
ケブラービードのネベガルで、パンク対策に分厚いチューブというのもありかも知れません。


画像


画像





さて、山の後は究極練習2時間半。

この間まとめたとおり、基本的には下にある足側にホイールを倒すわけですが、
倒し過ぎると反対に持っていけないし、真っ直ぐ過ぎるとふらついて反対に行ってしまう。
ふらつかないようにギリギリ傾けるのが理想なわけです。

いろいろ試しているうちに、今日は随分分かってきました。

気づいたのは、膝をくっつけたまま漕ぐということ。

膝から下をフォークに見立てて、内股をこするように漕ぐ。
こうすると、若干架空のサドルがあるかのように安定します。

その結果、体は左右にユラユラクネクネ。
これはもうオネエですね。


ちょこっと分かってきたけど、漕いでるうちに足がプルプルしてきて内股を保てなくなって終わります。
もうちょっと楽に内股を保てるようになるといいんだけど・・・

ということで最高20数コギ

1日の間に随分進歩したような気がします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サンタさん遅いじゃないのよー
土曜日 今度はいつものHSへ。 ...続きを見る
MUNIマウンテンユニサイクル山一輪車で...
2015/12/27 23:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
サスガ! もう敵いませんゎ。

内股(っぽい)に出来ないです…
ニンバス動画のように腕水平も
試したけど、水平を持続させるのも
超絶ムズイ! やはり究極ですね。
馬笑
2015/05/10 07:23
馬笑さんの動画を改めて見てみましたけど、やっぱり安定してますね。
あと内股締めるだけのような気がします。

なんでそんなに長くできるのかよくわかりません。
15コギぐらいから疲れてくるんですよねー
ぺー
2015/05/10 10:23
ネベガルは日本の山にベストマッチって感じで、MTBに乗ってた時は「これしかない」って惚れてました。
粘りつくようなグリップは舗装路だと気持ち悪いぐらい。(笑)
でも、一輪車だと私の場合はハイローラーの方がシャキッとした感じで扱いやすいです。正確にはハイローラーUのトリプルコンパウンド。
今MTBのタイヤはシュワルベが人気のようだけど、これも気になるなぁ。(笑)
aoringer
2015/05/10 20:41
タイヤの性格でかなり変わるんですね。KH29のマキシスも斜面に吸い込まれるように進むので結構苦労しています(これも練習と思っていますが)。

究極、すごいですね。動画見る限りでは頭も腰の位置も動いていないし、まるでサドルに座っているように見えますよ。これで山も行けるんですか??
shibu
2015/05/11 19:59
aoringerさん
ホントねっとりしてますよね。
ウェットのときに更に違い出る気がします。
やっぱり慣れってのは大きいようで、ちょっとずつ馴染んで来ています。
キレでは劣るけど、グリップを活かして突っ込めるので乗り方が若干変わりますがこれはこれでアリですねー
27.5にした時にはどうしよっかなー
ぺー
2015/05/11 20:40
shibuさん
キャンバーのところでは、タイヤのサイドを立てるようにして、エッジを効かせる感じで走ってる気がします。
傾くとそっちに曲がりますからねー
僕の場合は持ち手でねじってる感じです。

究極で山走ってる人はいますけど、ちょっと信じられないですね。
膝ガクガクになっちゃいます。
ぺー
2015/05/11 21:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タイヤ到着と究極練習 MUNIマウンテンユニサイクル山一輪車で山遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる